脱毛コラム

産後に最適な脱毛の方法

産後のムダ毛処理

産後の女性
産後の状況はホルモンバランスが非常に崩れていますので、とてもデリケートな状況です。

そんな状況ですと、脱毛をしようにもうまくいかなかったりするケースや肌を悪くするようなケースがあります。

ですので、脱毛サロンでは産後の半年から1年くらいの方は施術を受けられないようになっています。

そんな状況では脱毛という手段はできませんが、脱毛ができなくても産後のムダ毛を処理できるようになりたい。

電気シェーバーがおすすめ

お勧めなのは、電気シェーバーによってムダ毛を処理する方法です。
電気シェーバーであれば、産後であっても禁止されるようなものではありませんので利用することが可能です。

また、T字カミソリなどといったものとは違い、剃るための刃が直接肌に触れない設計になっていますから、出産後の敏感肌を傷つけるようなこともなく

上手に処理することが可能であります。(特に女性用のシェーバーは肌にやさしいように作られていますので、より安心して利用できるようになっています。)

どうしても肌が気になるようなケースであっても保湿クリームなどを塗ることによって肌のケアをしておけば十分に肌を守ることができますので、

肌が普段からも弱い場合にはこういったものも併用しておきましょう。

産後は色々と大変な状況ですが、これならムダ毛もうまく処理できるのではないでしょうか。

埋没毛の原因と予防、対策について

埋没毛について

埋没毛について考える女性
脇や足に黒いぶつぶつやニキビができたと経験した人も多いと思いますが、その原因は「埋没毛」です。埋没毛とは皮膚の中に毛が埋まっており、まっすぐに埋まっていたり、くるくると渦巻き型に埋まっていたりします。こうなってしまう原因として、ムダ毛の自己処理が誤ったやり方をしているとなってしまう可能性が高くなります。埋没毛はほっておくと炎症を起こしてしまい、ニキビのようなできものの毛嚢炎になってしまいます。黒いぶつぶつが気になるからといって埋没毛を無理矢理抜いてしまうとこれまた炎症が起きて、赤いぶつぶつになってしまいます。そんな埋没毛を解消するには、クリニックのレーザー脱毛治療が最適ですが、お金や労力がかかってしまうので忙しい人にはなかなか通えません。

手軽に埋没毛予防

先程も説明しましたが、埋没毛を解消するのに一番いい方法はレーザー脱毛治療です。クリニックでレーザー脱毛することで毛が生えにくくなり、埋没毛ができなくなります。埋没毛の対策として自己処理をやめてレーザー脱毛を行くのがベストですが、自宅でケアする方法もあります。お金や労力、時間がない人には、スクラブやピーリングなどでムダ毛を無くしたり、自己処理の仕方をカミソリから電動シェイバーに変えるだけでも埋没毛になりにくくなります。あとは、処理後にきちんとボディークリームやローションなどできちんと肌を保湿してあげると自宅でも手軽に埋没毛予防、対策することができます。

脱毛サロンで上手に意思表示を出して断れる自信がない時の断りの仕方

脱毛サロンの中には勧誘が結構めんどくさいようなところが多いものでありますが、そういった勧誘を断るのはどうしても苦手だというような

方も結構いるのではないかと思います。

そんな方はなかなか断れなくてつい、契約をしてしまうかもしれません。 でもそういったことはしたくはない。
では、どんなふうにすれば上手に断ることができるのでしょうか?

勧誘を断る女性

まず、勧誘がきつくないところを選ぶ

 こういった方が勧誘を受けないようにするためには、一番いい方法としては勧誘がほとんどないようなところを選びましょう。

口コミやなどによって勧誘があるかどうかを良く調べることによって、そもそも勧誘を受けないところを選べば、まず勧誘のことといったようなものを

考えなくてもいいので、こういったところを選ぶといいでしょう。

できる限り事前に勧誘が来ないような状況を作ろう

次に、勧誘が来ないようにするために事前にどこまで契約をするのかというチェックや意志表示をしておくといいでしょう。

サロンの中には、事前の書類で契約内容や要望を書いておけることができます。

 こういったことを事前に用意しておくことによって、あらかじめ勧誘が来ない意思表示をしておきましょう。

口で言うよりも楽というような方も多いでしょうから、こういった手段でうまく来ない環境を作ってください。

ワキガを解消する効果は病院の方がサロンよりも大きい理由

脱毛でワキガは改善できる?

ワキガに悩む女性
レーザー脱毛の施術を受けますと、総じてワキガは解消される傾向はあります。それは、毛根部分に働きかけてくれるからです。この理由から、レーザーの方がフラッシュよりは効果的だと見込まれています。それには、毛根部分に対するダメージの大きさが関わってくるからです。

まずレーザー脱毛は、毛の根っこに対してダメージを与える事になります。根っこの部分では盛んに細胞分裂が行われているのですが、そこは雑菌類が生息しやすいのです。ですから根っこにダメージを与えてあげれば、雑菌類が繁殖しづらい環境になります。

ですからワキガを改善したい時はレーザー脱毛は有効なのですが、それはフラッシュよりもおすすめとも言えます。なぜなら、フラッシュは出力に関するデメリットがあるからです。

確かにフラッシュでも、脇の下に存在する体毛自体は除去できます。ですが、フラッシュの力はあまり強くありません。様々な制約があって、エステではあまり強力なマシンを使えないのです。

脱毛クリニックでの脱毛

それに対して脱毛クリニックでしたら、非常に強いレーザーを扱えます。強力なレーザーならば、毛の根っこの部分にしっかり働きかけてくれるでしょう。それで雑菌類の温床も、ほぼ無くなるのです。

つまりレーザーの方が、フラッシュよりも雑菌の居所を無くしてくれる効果が強いのです。ですからサロンよりはクリニックの方が、ワキガの改善効果は強いと見込まれるでしょう。

アンダーヘアの脱毛方法では脱毛サロンはおすすめか?

アンダーヘアを脱毛する

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛をするときに脱毛サロンに行って行うという人は結構多いです。

それは素人がやるよりも手慣れた人にやってもらった方が安心感があるという部分もあるのではないでしょうか?

したがって、アンダーヘアの脱毛は脱毛サロンでレーザー脱毛などを通じて行うということをしている人が多くいるのです。

アンダーヘアの脱毛を脱毛サロンで行うメリットはどこにあるのか?というと、やはり仕上がりが特に満足しやすいというのはあるでしょう。

今まで多くの人のアンダーヘアの脱毛をしてきた人がやってくれるならば、経験豊富という点もありますし、技術の熟練もあると思うので、仕上がりについては1番満足がしやすい方法ということになります。

だから、脱毛サロンに通える人ならば、それを選ぶのが1番無難と言えるのではないでしょうか?

ただ、脱毛サロンというのはアンダーヘアの脱毛をするときに、1番お金のかかる方法になるわけです。

したがって、その方法を選べない人もいますし、悩む人もいると思います。

脱毛サロンに通うのがベスト

脱毛サロンに通える人にとっては恐らく満足度で言えば1番高い方法になると思いますけど、脱毛サロンに通えない人は別の方法で脱毛をしないといけないのです。

アンダーヘアの脱毛に関して、脱毛サロンとそれ以外の自分でやる方法では仕上がりに関して差が出やすいと思うので、そこは脱毛サロンを選ぶか?どうかを考えるときには知っておかないといけないのです。